中小企業診断士 K. の物語

イイ仕事、イイ人生を追い求めて。

映画「キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」は親子で楽しめる良作。

昨日は子供達とプリキュア映画の最新作「キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」を見てきました。

公開してまだ1週間しか経っていないこともあり、会場には50組くらいのファミリーがいました。魔法使いプリキュアを見だしてからは毎回映画に行っており、子供達も大はしゃぎ。親としては「映画楽しみ!」というよりも「映画を見て、とてもテンション高い子供達を見るのが楽しみ!」です。

f:id:kohei1214:20171106215928j:plain

結論。これまでのプリキュア映画の中で最も子供の反応が良く親としても楽しめました。

プリキュアのコンセプトは「戦う変身ヒロイン」であり、女の子の格闘アニメなので、激しいアクションが多いので、あまり見せすぎるのもどうかという思いは少しあります。特に魔法使いプリキュアとか「ハーッ!!!」とか「ヤーっ!!!!」の嵐。

プリキュアごっこしようとか言い出すと大変です。小さいうちは「あー可愛いなー。」ですが、6歳になってくると結構痛い。

しかし、キラキラ☆プリキュアアラモードはこれまでとコンセプトが違います。

まず肉弾戦がない。もちろんバトル要素はあるのですが、可愛い感じに仕上がっています。

また、映画ではテレビ版より可愛さやバトルの要素が豪華になっており、とにかく子供達を楽しませようとしている努力が伝わってきました。魔法使いプリキュアのキャラも激しいアクションにならない程度に登場させて、コラボレーションさせ、場を盛り上げていました。

バトルアニメにありがちな、初めにピンチになるお約束(?)でも、着ぐるみにされて大変!となるのですが、ここでも工夫がされていて子供達もすぐに笑いの渦に。

 

そのほか毎回映画でもらえるミラクルライトも振るシーンが複数回用意されていて、子供達も映画に入り込める。プリキュア頑張れーって!!!多くの子供たちが真剣に応援する顔が最高でした。

 

終わった後は、お約束の次のプリキュア映画の案内。「またプリキュアの映画だって?!」と大はしゃぎする子供達を見ると、また来るかーとまんまと番組の宣伝にはまってしまう私でした。

 

親子で見るのにオススメの映画です。